• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-10-05掲載 (東北版)

新米でおむすび上手にできたよ JAいわて中央 JAちゃぐりんスクール

 JAいわて中央は9月29日、本所で今年度3回目のJAちゃぐりんスクールを開いた。小学1〜3年生と保護者ら15組49人、JAの新採用職員9人が参加した。
 雨天のため、稲刈り体験は中止。事前に収穫した稲をJA青年部員らが用意し、参加者は稲に触れながら成長を確認した。圃場(ほじょう)やJAカントリーエレベーターの見学の他、千歯こきや足踏み脱穀機を使った作業体験、青年部主催の米に関する〇×クイズを行い、楽しんだ。
 昼食は、女性組織が取り組む「ニコ・ニコおむすび大作戦」を行った。新米の「銀河のしずく」を使い、梅やおかかなど6種類の具材を詰めたオリジナルのおむすび作りに挑戦。おむすびは、地元産のもち性小麦「もち姫」を使ったひっつみ汁やキュウリの浅漬け、ゼリーなど女性部員手作りのメニューと一緒に味わった。
 児童は「おむすびを上手に作ることができてうれしい」と話した。

おむすびを作る親子(岩手県紫波町で)


一覧へ戻る