• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-07-04掲載 (東北版)

高村さん(JA新いわて)最優秀 農業楽しさ紹介 「フレミズ活動わたしの一歩!」岩手県作文コンクール JA岩手県女性組織協議会 

 JA岩手県女性組織協議会は3日、盛岡市で2019年度「フレミズ活動わたしの一歩!」岩手県作文コンクールとフレッシュ交流集会を開いた。フレッシュ部員ら約60人が参加した。最優秀賞に、JA新いわて女性部岩手支部の高村成美さんを選んだ。高村さんの発表は全国コンクールに応募する。
 高村さんは結婚を機に就農。トラクターに乗った時の爽快感や、髪型と服装を自由に楽しんでいることなど、農業の楽しさを紹介した。今後の目標として「私を見て農業って悪くないな、農業をやってみたいと思ってくれる女性を増やしたい」と発表した。
 協議会フレッシュ部会の武田小百合部会長は「今日の発表をヒントに、フレミズ活動を広げてほしい」と期待した。
 交流集会では、盛岡市にある紙町銅版画工房の岩渕俊彦代表を講師に迎え、消しゴムはんこ作りを体験した。自らデザインをして彫り、完成後は互いに押すなどして交流した。
 コンクールの優秀賞は次の通り。かっこ内はJA名。
 ▽齋藤恵(いわて中央)千葉幸恵(いわて花巻)

最優秀賞を授賞した高村さん(3日、盛岡市で)


一覧へ戻る