• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-06-15掲載 (東北版)

奥州市立前沢北幼稚園 サツマイモ苗定植 JA岩手ふるさと園芸課職員らサポート

 奥州市立前沢北幼稚園の園児35人は6月上旬、同園東側にある千葉登美雄さんの畑に約150本のサツマイモの苗を植えた。JA岩手ふるさと園芸課職員や同園「祖父母の会」の祖母6人が苗植えをサポートした。
 千葉満佐子園長は「地域の方のご厚意で例年より広い畑で苗を植えることができた。食育の一つというだけではなく、地域や祖父母との連携が深められる活動になっていると思う」と話した。
 JA園芸課の佐藤恩さんはサツマイモの苗を見せながら「苗を寝かせるように置き、根が隠れるように土をかけましょう」と説明した。
 園児は先生や祖母のサポートを受け、穴をしっかりと掘り、ペットボトルやジョウロで水をかけた。
 秋の収穫時期には祖父母参観を開き、収穫したサツマイモを祖父母と一緒に食べる収穫祭を行う予定だ。

祖母に見守られながらサツマイモの苗を植える園児(岩手県奥州市前沢で)


一覧へ戻る