• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-03-24掲載 (東北版)

日持ち良く包装も工夫 JAいわて中央女性部水分支部 彼岸用切り花即売会

 JAいわて中央女性部水分支部は18日、紫波町で彼岸用切り花即売会を開いた。支部員ら告lがストックや小菊、カーネーションなどの花束を、350〜380円で約1100束を販売した。
 部員自ら花を仕入れ、湯あげから水切り、花の組み合わせ、包装までを行った。販売日直前に花を仕入れるため、花持ちが良いと好評だった。
 事前に地域の回覧板や手作りポスター、JA志和支所の支所だよりで告知をしたことで、多くの地域住民が集まった。
 中村祐子支部長は「継続的に開いている支部の一大行事。この取り組みを、今後の支部活動に生かしていきたい」と話した。

花束を買い求める来場者と触れ合う女性部員堰i岩手県紫波町で)


一覧へ戻る