• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-12-12掲載 (東北版)

八幡平市立松野小学校 JA新いわて女性部とみそ造り

 八幡平市立松野小学校の3年生14人は12月上旬、八幡平市のJA新いわて加工センターでみそ造りを体験した。JA女性部松尾支部の指導で栽培、収穫した大豆17`を使い、大豆、こうじ、塩を混ぜ合わせる作業をした。
 児童は「大豆からみそができるまでいろいろな工程があり、こんなに手がかかることは知らなかった。結構力のいる作業」などと話しながら、仕込み作業に取り組んだ。
 工藤洋子支部長は、大豆から納豆、しょうゆ、豆腐、みそなどができることを説明。「皆さんが今日仕込んだみそは、家族と協力して上手に管理してください。夏になったら一度かき混ぜ、9月ごろには食べられます」と話した。
 1人当たり3`ずつを容器に入れ、管理方法を書いた資料と一緒に児童に持たせた。


一覧へ戻る