• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-09-16掲載 (東北版)

藍染め体験教室 JA江刺女性部藤里支部

JA江刺女性部藤里支部は9月上旬、奥州市江刺で藍染め体験教室を開いた。部員18人が参加。金ヶ崎町で「やきもの工房 コシカ」を営む佐藤マチカさんを講師に、弁当包みとストールに挑戦した。
 参加者は佐藤さんから説明を受けた後、真っ白な布を折って木の板を挟んだり、ビーズや輪ゴムを付けて絞ったりした。その後、藍の色が好みの濃さになるまで、薬剤に漬けて水で洗い流す作業を1〜3回繰り返して完成させた。
 親子で参加した伊藤郁子さんは「初めて体験した。完成イメージを想像しながら模様を決めていくのが難しかった半面、それがとても面白かった」と笑顔で話した。
 完成した作品は10月27、28の両日にJA江刺本店で開く「JAふれあいフェスティバル」で展示する予定だ。

染めたストールを持つ伊藤さん親子(岩手県奥州市江刺で)


一覧へ戻る