• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-09-14掲載 (いわて版)

エーコープ品を使った人気献立を講習 JA岩手ふるさと胆沢地域女性部サラダママ

 JA岩手ふるさと胆沢地域女性部サラダママは6日、エーコープマーク品料理講習と手芸講座を開き、会員7人が参加した。
 料理講習は、大興産業鰍フ藤井幸人推進課長が「ナスの棒ずし」「鶏むね肉の梅照り焼き」「わかめたっぷり酢―プ」など5品を紹介した。参加者は「どの料理もおいしく、自宅で試したい」と話した。藤井さんは「らっきょう酢などのえーコープマーク品を使った人気メニューなので、活用してほしい」と期待した。
 手芸講座では、一関市のトンボ玉工房「琳」の小岩則子さんの指導で、オリジナルのトンボ玉を作った。

交流しながら料理を作る会員


一覧へ戻る