• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-07-06掲載 (東北版)

最優秀に高橋さん 「フレミズ活動わたしの一歩!」岩手県作文コンクール 全国へ応募JA岩手県女性組織協議会  

 JA岩手県女性組織協議会は5日、盛岡市で2018年度「フレミズ活動わたしの一歩!」岩手県作文コンクールとフレッシュ交流集会を開いた。最優秀賞に、JAいわて花巻女性部北上地域支部フレッシュ部の橋安希さんを選んだ。橋さんの発表は、全国コンクールに応募する。
 橋さんは、フレッシュ部に入り活動したことで、自身が前向きになったことを紹介。「女性部でなければ経験できないたくさんの出会いが、自分自身をさらに成長させてくれることに感謝をしながら、活動を楽しみたい」と発表した。
 フレッシュ部員ら約60人が参加。交流集会では、イオンリテールの谷川千明さんらの指導で、ハーバリウム作りを体験した。
 橋弘美会長は「フレッシュの皆さんがこれから頑張っていく上で、今日は良い経験。自分たちのリーダーを自分たちでつくっていってほしい」と話した。
 コンクールの優秀賞は次の通り。かっこ内はJA名。
 ▽工藤佳代子(新いわて)橋本庸子(いわて中央)藤野ひろみ(いわて平泉)

「フレッシュ部・出会いに感謝」を発表した最優秀賞の橋さん(5日、盛岡市で)


一覧へ戻る