• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-06-08掲載 (いわて版)

サツマイモ苗 定植を指導 JAいわて平泉女性部花泉中央支部金沢支部

JAいわて平泉女性部花泉中央支部金沢支部は5月下旬、一関市立金沢小学校の1、2年生28人にサツマイモの苗の定植を指導した。定植は毎年行っている。
 佐藤セイ子支部長は「優しく土を掘り、黒いビニールに葉っぱが付くとやけどしてしまうので、土で枕を作って同じ向きに寝かせて植えましょう」と指導した。
 八重樫悠希さんは「掘るのが難しかったけど頑張った。大きなサツマイモになってほしい」と笑顔で話した。
 佐藤支部長は「自分たちで植えた苗の生育を観察し、収穫する喜びを感じることで、食と農の大切さを知るきっかけになってほしい」と期待を込めた。

頑張って土を掘り丁寧に苗を植える児童


一覧へ戻る