• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-04-12掲載 (東北版)

立花さん(JAいわて中央女性部)最優秀 JA岩手県女性組織協議会総会と活動体験発表会

 JA岩手県女性組織協議会は11日、第65回通常総会とJA女性組織活動体験発表会を盛岡市で開いた。2018年度は、部員増加運動やJA運営への参画などに取り組むことを確認した。また、自己改革に関する特別決議を採択した。体験発表会では、最優秀に、JAいわて中央女性部の立花みつよさんを選んだ。
 県内JA女性部員ら約200人が参加した。18年度は、JA女性組織3カ年計画とJA大会決議実践最終年度。部員増加運動として64人増の達成を目指す。JA運営への参画では、正組合員に占める女性の割合30%、総代に占める女性の割合15%、女性役員3人以上の目標を設定した。JAの自己改革を後押しするため、学習会なども開く。
 橋弘美会長は「JAの自己改革を女性部も力を結集して応援していきたい」と話した。
 体験発表会で最優秀賞を獲得した立花さんは、女性部の楽しいカルチャー教室の話を聞き、辞めた部員が再加入したことを紹介。自分自身が楽しく活動し、地域の皆さんとつながっていることが部員増加につながる大切な要因だと発表した。立花さんは、東北北海道地区発表会に県代表として出場する。
 優秀賞は次の通り。
 ▽優秀賞=吉田真理子(JAいわて花巻女性部)千葉美千代(JAおおふなと女性部)

最優秀賞の受賞に笑顔を見せる立花さん(11日、盛岡市で)


一覧へ戻る