• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-04-03掲載 (東北版)

JAいわて花巻女性部 支店と連携し活動活発化へ

 JAいわて花巻女性部は3月下旬、岩手県花巻市のJA総合営農指導拠点センターで第10回通常総会を開いた。部員やJAなど約80人が参加。2017年度事業報告と18年度事業計画など全3議案を審議・承認した。
 17年度は、仲間づくりを広げようと地域住民なども一緒に活動できるグループとして立ち上げた「きらきら星サークル活動」を積極的に推進した。地産地消料理コンクールやニコニコおむすび大作戦などに取り組んだ。
 18年度は、JAの機構改革で女性部活動の事務局が各支店になることから支店と連携してより活発な活動を展開する。JAと地域の懸け橋を担い、地域がより元気になる活動に取り組む。
 藤原智子部長は「支店に足を運んで職員と積極的に会話をしてほしい」と呼び掛けた。
 総会後に、組織体験発表として女性部西和賀地域支部川舟支部の吉田真理子さんが「女性部の活動っていいな」と題して活動内容を紹介。「女性部活動は刺激になる。魅力を周りに伝え、仲間を増やしていきたい」と話した。
 記念講演も行われ、JA理事で長年にわたり女性部活動に関わってきた橋テツ理事が女性部の成り立ちや歴史、各地域やグループごとの活動などを紹介した。


一覧へ戻る