• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2016-03-03掲載 (東北版)

松本さん夫妻 全国果樹技術・経営コンクールで農水省生産局長賞受賞喜ぶ JAいわて中央に報告

 第17回全国果樹技術・経営コンクールで農水省生産局長賞を獲得した松本正勝さん(56)と直子さん(53)夫妻が2月24日、JAいわて中央本所を訪れ、藤尾東泉組合長らに受賞を報告した。
 松本さん夫妻は、盛岡市黒川でリンゴとブルーベリーを栽培。正勝さんは、ブルーベリーの大玉生産技術を確立し、産地をけん引してきた。夫妻で農家仲間や地域住民と1999年から自身のリンゴ園地を会場に、チャリティーコンサート「りんご畑deコンサート」を開き、地域ぐるみで消費者と交流してきたことなどが評価された。
 直子さんは2007年、園地にカフェ「mi cafe(ミカフェ)」を開業。農作物の付加価値向上や規格外果実の活用など、女性の視点を生かした6次産業化も高く評価された。
 正勝さんは「地域全体が評価された。6次産業化に女性の力は必須。女性農業者にどんどん活躍してほしい」、直子さんは「農産物だけでなく、地域そのものに興味を持つきっかけをつくりたい」と話した。
 藤尾組合長は「カフェを拠点に、地域を巻き込んだ活動をしている。素晴らしい。JAもサポートしていきたい」と受賞を喜んだ。

藤尾組合長奄ノ受賞を報告した正勝さんと直子さん(岩手県紫波町で)


一覧へ戻る