平成20年2月 奥州市立衣里小学校
作る人の「顔」が見える美味しい給食


4年生は13人。男子も女子もとっても元気

衣川区の生産者から届いた食材

 ごろごろと転がる大きなサトイモ、ずっしりと重さのある豆腐、そして鮮やかなオレンジ色のニンジン。今朝も奥州市立衣川学校給食センターには、地域の食材が届けられた。「作付けも増えていますし品種などもセンターに聞いてくれるなど、生産者のみなさんが給食を意識してくれているんです」と、学校栄養士の小野寺真由美さんも頼もしそうだ。
 10年以上前から地場産食材の給食利用が始まっていたという衣川区。その活動を現在支えているのが、多彩な作物を生産する「フレッシュアグリグループ」、100パーセント奥州市産の大豆を使った豆腐作りを行う「がんばりかあちゃんの会」、そして無農薬栽培にこだわる「野菜ハーモニー」と、それぞれに特色ある産直活動を行う3つのグループだ。「そんな地域の作物や生産者のことを子どもたちに伝えたい」と、小野寺さんも「給食だより」での訪問レポートや各学校を回っての栄養指導などを積極的に行っており、作付量アップをはじめ今回納品されたサトイモも生産者と給食センターの交流から実現した成果のひとつだという。「野菜を作る人と調理をする人、どちらの『顔』も見える給食が衣川のいいところです」と話す。


センターで作る給食は3つの小中学校合わせて440食

センター炊飯だからご飯の種類もいろいろ

 この日の献立は、芋の子汁、鮭のちゃんちゃん焼き、梅干しを添えた五穀めし、りんご。
 サトイモや豆腐、ニンジンが入った芋の子汁はもちろん、味噌だれで味付けした鮭のちゃんちゃん焼きの付け合わせにも季節の野菜をたっぷり使った。またセンターではご飯も炊いており、五穀めしには衣川産のハトムギはじめ古代米、ヒエまで入って栄養価ばつぐん。「ハトムギのほかにもエジプト原産の野菜・ガルギールやモロヘイヤなど、衣川の特産品は意識して使っている」と話す小野寺さん、作る献立は和食が中心のバランス食。さらに生産者から作り方を教えてもらったという「はっと」や餅などの郷土料理も取り入れるなど、地域の食文化もたいせつにしている。


小野寺さんから給食のお話を聞くのも楽しみ

衣里小学校の4年生のクラスを訪問した

ハトムギやヒエ入りのご飯も梅干しも「おいしい!」

「今日の給食もおいしい」カメラに向かって、ピース!

栄養士の真由美先生に給食のリクエストもしたよ

 ニンジンを納入した「野菜ハーモニー」は、JA岩手ふるさと女性部の9人で構成されるグループ。「子どもたちが食べるのだから」と、農薬を使わずにたい肥や米ぬかを使い、安心安全な野菜づくりに取り組んでいる。会員の佐々木和子さんの畑には、雪にも負けず葉を広げるニンジンがいっぱい。「ちょっと形は悪いけど、香りが濃くて美味しいんですよ」と話す佐々木さん、実は郷土料理もお手のもの。手作りのお菓子や惣菜には、給食の献立に役立つアイデアもありそうだ。


手前左から成田優子さん、小原喜代さん。後ろ左から、吉野生美さん、高橋博美さん、菊地恵梨子さん

「生産者との交流を大事にしています」と栄養士の小野寺真由美さん

 給食タイムは衣里小学校へ。子どもたちは「給食に出るものはみんな好き!」と、ご飯もおかずも残さずぱくぱく。すぐそばの産直「りんどうの里産直ころが」と協力して野菜の種まきから収穫までを体験したり生産者による食育授業などが、衣川の恵みに感謝して食べる気持ちを育んでいるのだろう。ひとり一人の机を回りながら給食の感想を聞く小野寺さんも、とてもうれしそうだった。


「野菜ハーモニー」のみなさん。左から、鈴木修子さん、千田恵美子さん、千葉鈴子さん、佐々木和子さん

「自分で作った作物が一番おいしいですね」と佐々木和子さん

昨秋植えたタマネギは、6月まで手間ひまかけて育てていく

佐々木さんは料理上手。
テーブルに並んだ惣菜やお菓子はみんな美味!
家庭でも作ってみよう!

今回の材料(約4人分)

【五穀めし】

  • 精白米2カップ
  • 古代米(赤米)小さじ2
  • ハトムギ精白粒小さじ2
  • ヒエ小さじ2
  • 白ごま小さじ2

【芋の子汁】

  • サトイモ250グラム(4個)
  • 鶏もも肉(皮なし)40グラム
  • ニンジン40グラム
  • シメジ20グラム
  • 豆腐1/3丁
  • こんにゃく40グラム
  • ねぎ40グラム
  • しょうゆ適宜
  • 塩適宜

【鮭のちゃんちゃん焼き】

  • 鮭の切り身(一切約50グラム)4切
  • 味噌24グラム
  • 本みりん大さじ1
  • バター大さじ1
  • キャベツ130グラム(2枚)
  • たまねぎ80グラム(半個)
  • もやし40グラム
  • 赤ピーマン40グラム(1個)
  • ピーマン40グラム(1個)
  • 油少々
  • 白みそ大さじ1
  • 日本酒小さじ2
  • 三温糖小さじ1

【作り方】

五穀めし

  1. 米、赤米、はと麦、ひえを洗米し、30分以上浸漬させ炊飯する。
  2. 炊き上がった@に、からいりした白ごまを混ぜ合わせて完成。
    ※ゴマ以外はすべて衣川産のものです。ゴマの代わりにエゴマを使うときもあります。

芋の子汁

  1. サトイモは皮をむき、一口大に切って一度ゆでこぼす。こんにゃくはゆでてあく抜きをし、一口大にちぎる。
  2. いちょう切りにしたニンジンを水からゆでる。沸騰したらこま切れにした鶏もも肉を入れ、あくをとる。
  3. Aに@とシメジ、豆腐、こんにゃくを加え、再び沸騰したらしょうゆと塩で味を調える。
  4. 斜め切りにしたねぎを加えてさっと火が通ったら完成。
    ※今回は鶏肉を使ったのでしょうゆで味付けしましたが、豚肉を使うときには味噌味にしています。

鮭のちゃんちゃん焼き

  1. 鮭の切り身に味噌と本みりんで下味をつけておく。
  2. 天板に@を並べ、バターをのせて焼く。
  3. 鍋に油をひき、ざく切りにしたキャベツ、スライスした玉ねぎ、もやし、千切りにしたピーマンを炒める。みそ、酒、三温糖で調味する。
    ※家庭ではひとつの天板の上で野菜と鮭を一緒に焼きますが、給食センターでは施設設備上、魚と野菜は別々に調理しています。

JA岩手県中央会 盛岡市大通1丁目2番1号 〒020-0022 TEL:019(626)8528
JAいわて掲載の記事・写真の無断転写を禁じます。全ての著作権はJAいわてグループに帰属します。
個人情報保護方針
お問い合わせ