平成19年12月 一関市立弥栄小学校
大好き! 野菜たっぷり和食メニュー


弥栄小では週3日が和食の給食。煮物なども人気メニュー

弥栄産の大根、にんじん、長ねぎ、ごぼう、小松菜、サトイモ

 一関市立弥栄小学校の給食時間の合図は「かおり」。お昼近くになると、給食調理室から完成間近の給食のいいかおりが、校舎から校庭にまで漂い出す。
「かおりを感じるのも食べる楽しみのひとつ。これが自校給食のいいところです」。そう話すのは、学校栄養職員の新沼妙子さん。作る給食は児童と教職員合わせ85食。しかも小規模のよさは、手作りへのこだわりのほか食材調達にも生かされる。野菜の多くは地元の産直「いやさか直売所」のものを使い、ときに地域の生産者から直接納品されることも。そのため地場食材は通常でも50パーセント近い利用率になるという。弥栄小では、毎日が地産地消給食のようだ。


大豆と梅干しも「いやさか直売所」の品

梅干しの種と一緒に炊いた御飯は香りもいい

いものこ汁の仕上げ。おいしそうなかおりが漂い出す

 この日の献立は、ひじき梅ごはん、いものこ汁、サンマの塩焼き、からしあえ、ぶどう。
 弥栄産の梅干しや青大豆などが入ったまぜご飯は美味しい上に彩りも鮮やか。いものこ汁の野菜のほとんどと、からしあえの小松菜、デザートのぶどうも弥栄産だ。「この地域は野菜農家が多いので、子どもたちは野菜をよく食べてくれます。また三世代同居も多いからでしょうか、和食も人気があるんです」と新沼さん。毎年5月の「青空給食」と10月に行われる「もみじ給食」では、校庭に広げたシートの上で会食できるように給食を弁当箱に詰めるなど、献立はもちろん食べ方にも工夫を凝らし、子どもたちに楽しい食体験を提供している。


給食当番の児童。あいさつはきちんと、そして元気いっぱい

机を合わせて給食タイム。おしゃべりしながらパクパク食べる

炊飯も自校だからまぜご飯もいろいろ。「今日のご飯もおいしい!」

「写真とって〜!」はいピース! 男の子たちはいつも元気

「できるだけ色々な料理を食べさせたい」と学校栄養職員の新沼妙子さん

 4時間目が終わると、調理室前の配食室に次々と給食当番の児童がやってきた。「3年生です、いただきます!」「今日の給食おいしそうー!」。子どもたちには新沼さんも調理師の方もとても身近な存在で、あいさつはもちろん授業の様子を話していく児童もいるのだとか。「食べている様子もすぐに見に行けます。なにより『美味しかった』と、直接言ってもらえる瞬間がとてもうれしい」と微笑む新沼さんは、時間があれば教室に出向いて栄養指導も行っている。おいしいかおりに加えこんなふれあいの数々も、食べる楽しみになっているに違いない。


「いやさか直売所」の佐々木則子さん(左)と千葉本子さん

千葉本子さんの畑は直売所すぐ近く。これからの季節は白菜が旬

午前中で商品はほぼ売り切れるが、直売所は地域の交流拠点にもなっている

右から、「いやさか直売所」会長の佐々木則子さん、小野良子さん、千葉本子さん

 野菜を提供する「いやさか直売所」は20年以上の歴史を持つ県内産直のさきがけ的存在で、会長の佐々木則子さんら農家女性7人で運営。「弥栄の野菜だけ」「消費税なしの100円売り」という設立以来の取り組みが評判で、午後には商品がほぼ売り切れる人気ぶりだ。給食センターとの取り引きは5年ほど前からで、週に2度、新沼さんが直接出向いて注文をしている。「子ども達にかせる(食べさせる)のだから気が抜けない」と話す佐々木さん。新沼さんが話す給食の様子には実にうれしそうな表情に。弥栄小の給食を支えているのは、地域のつながりと人々の思いだ。

家庭でも作ってみよう!

今回の材料(約4人分)

【ひじき梅ごはん】

  • 精白米265グラム
  • 精麦23グラム
  • 梅干し16グラム
  • 大豆23グラム
  • 乾燥ひじき7グラム
  • 調味料(濃口しょうゆ11グラム、酒4グラム、みりん風調味料4グラム)
  • いりごま(白)4グラム

【いものこ汁】

  • 豚もも肉37グラム
  • 木綿豆腐72グラム
  • 大根92グラム
  • にんじん40グラム
  • 長ねぎ24グラム
  • ごぼう24グラム
  • さといも40グラム
  • 板こんにゃく28グラム
  • 干し椎茸3.2グラム
  • さば厚削り8グラム
  • 調味料(濃口しょうゆ16グラム、酒40グラム、塩適宜)

【からしあえ】

  • 小松菜60グラム
  • もやし80グラム
  • えのきたけ21グラム
  • ツナ缶詰15グラム
  • 冷凍コーン12グラム
  • 濃口しょうゆ10グラム
  • 三温糖2グラム
  • 練りからし適宜

【作り方】

ひじき梅ごはん

  1. 大豆を水で戻す。
  2. 米と麦は洗ってざるにあけ、水気を切る。
  3. ひじきを戻す。
  4. 梅干しの種をとり、果肉を刻む。種も捨てずにとっておく。
  5. 米と麦を30分ほど浸水させ、梅干しの種を加えて炊く。
  6. 戻しておいた大豆をゆでる。
  7. 戻しておいたひじきの水を切り、調味料で煮る。
  8. 炊きあがったご飯から梅干しの種を取り出し、大豆とひじきを加えたら15分ほど蒸らす。
  9. 蒸らしが終わったら、梅干しの果肉とごまを混ぜて完成。

いものこ汁

  1. さば厚削りでだし汁をとり、干し椎茸を戻しておく。
  2. 大根とにんじんはいちょう切り、ごぼうは半月切り、椎茸は薄切り、ネギは小口切りにする。
  3. さといもは皮をとり、食べやすい大きさに切って塩で軽く揉み、水洗いする。
  4. こんにゃく、豆腐、豚肉は食べやすい大きさに切る。
  5. だし汁に肉を入れ、酒を少量加える。
  6. 5が煮立ったら、野菜(にんじん、ごぼう、大根、さといも、椎茸)を入れる。
  7. 野菜に火が通ってきたらこんにゃくを入れ、再度煮立たせてから豆腐を入れる。
  8. 煮立ったら調味料を入れて味を調え、ネギを入れて完成。

からしあえ

  1. 小松菜とえのきたけは適度な長さに切る。
  2. 野菜類は一度茹でてから冷やしておく。
  3. 2とツナを合わせて調味料を加え、味を調えて完成。

JA岩手県中央会 盛岡市大通1丁目2番1号 〒020-0022 TEL:019(626)8528
JAいわて掲載の記事・写真の無断転写を禁じます。全ての著作権はJAいわてグループに帰属します。
個人情報保護方針
お問い合わせ