平成19年9月 盛岡市立生出小学校
豆腐と大豆でヘルシーおいしい給食


6年生の7人は勉強にもスポーツにも大活躍。
いつも元気一杯!

玉山産の「ひら黒」と豆腐、ゆで卵、
ピーマンとトマト

 盛岡市は豆腐の一世帯当たりの年間購入量が全国トップ。平成10年には毎月12日が「豆腐の日」と定められ、今では小中学校でも豆腐を使った給食が登場するほどである。そんな盛岡市の北部に位置する玉山区は、昔から「ひら黒」と呼ばれる黒平大豆の産地として有名なところ。どんな「豆腐の日」給食が登場するかを楽しみに、玉山学校給食センターを訪れた。


トマトはドライカレーに。旬の恵みは存分に生かす

カレーの辛さは調理士さんと一緒に味見して調整

栄養士の高橋悦子さん。
「作った人がわかる食べ物を一生懸命作っています」

 この日の献立は、炒り豆腐のドライカレー、わかめスープ、ゆで卵、ひら黒入りのみつ豆。
 ポイントは素材使いのユニークさ。けんちん汁からヒントを得たというドライカレーは炒り豆腐入りでとてもヘルシー。みつ豆に入る「ひら黒」は2〜3ヶ月に一度は登場する定番食材だが、デザートに利用するのはセンターでも初めてとか。「玉山区は食材に恵まれた地域」と話す栄養士の高橋悦子さんは、大豆はもちろん野菜が出回る6月から9月には積極的に取り入れ、加工品もできるだけ使わないよう意識している。味付けは子供を持つ調理士さんの意見を参考に調理場で微調整。素材にも調理にもアイデアいっぱいの給食は、まさに「玉山のお母さんの味」だ。
 給食の豆腐は、JA新いわて玉山中央支所敷地内にある加工場で作られている。100%地元産の大豆を使い、女性部の岩崎京子さんと遠藤和子さん、玉山タキミさん達が手作りする豆腐は豆の味が濃いと大好評。毎週金曜日に好摩駅前で開かれる「ふれあい市」でも人気の品だ。


調理士さん。
地域の小中学校に通う児童のお母さんもいる

豆腐を作る3人。 左から岩崎京子さん、遠藤和子さん、玉山タキミさん

豆腐に使うのは玉山産の大豆だけ。
ひら黒は煮豆にもなる

作る豆腐は青大豆・白大豆・黒大豆の3種。
添加物は入れない

 トマト生産部会長の桜輝夫さん宅では桃太郎トマトが収穫時期。「トマトは有機質が大事」と、たい肥をたっぷり使った土づくりに取り組んでいる。水やりや病気対策も気が抜けないが「食べ物にインチキはできないから」と手間と愛情を込めたトマトは、ずっしりと重くとても甘かった。


トマトは6月下旬から秋まで出来る。最盛期は朝6時から収穫

桜さんはピーマンやキュウリも生産。和牛の繁殖も行っている

トマト生産部会長の桜輝夫さん。エコファーマーにも認定されている

 生出小学校の6年生の給食タイムには、栄養士の高橋さんほかピーマン農家の荒屋正悦さん、卵を生産する「第一ポートリーファーム」の工藤宗徳さんも訪問。総合学習の時間で地区の農産物を調べ、学校の畑で野菜づくりにも挑戦している子どもたちは、荒屋さんと工藤さんのお話にも興味津々のようす。高橋さんは「みんなが成長している土地で作られたおいしい食事です」と挨拶をしながらにっこり。たくさんの人の思いと願いがこもった給食を、みんなで美味しくいただいた。


生産者2人と給食センター長の岩崎さんと高橋さん、齋藤校長先生も一緒の給食

生出地区は農家も多く、子供たちも地域の生産物をよく知っている

食べ終わってピース!ちょっと恥ずかしいなぁ
家庭でも作ってみよう!

今回の材料(約4人分)

【炒り豆腐のドライカレー】

  • 豚ひき肉40グラム
  • 木綿豆腐80グラム
  • タマネギ40グラム
  • にんじん12グラム
  • ゆで大豆12グラム
  • ナス60グラム
  • ピーマン12グラム
  • トマト18グラム
  • カレー粉2グラム
  • ケチャップ18グラム
  • 中濃ソース11グラム
  • 赤ワイン4グラム
  • いなきび8グラム
  • 濃口しょうゆ少々
  • 塩少々

【黒平豆入りみつ豆】

  • 黒平豆の煮豆20グラム
  • ミックスフルーツ缶詰60グラム
  • みつ豆かんてん80グラム
  • 白玉団子80グラム

【作り方】

炒り豆腐のドライカレー

  1. 木綿豆腐は細かく割りほぐし、少量の油を敷いた鍋で水分を飛ばしながら炒る。
  2. 別の鍋に油を敷いて豚ひき肉を炒め、火が通ったら野菜と@も入れて炒める。
  3. Aに水を加えて煮込み、調味料を加えて味を調えたら完成。
    ※いなきびを加えることでトロミがつきます。

黒平豆入りみつ豆

  1. 黒平豆はざるなどで煮汁を切っておく。
  2. ミックスフルーツ缶詰、みつ豆かんてん、白玉団子を合わせて混ぜ、@を加えて完成。

JA岩手県中央会 盛岡市大通1丁目2番1号 〒020-0022 TEL:019(626)8528
JAいわて掲載の記事・写真の無断転写を禁じます。全ての著作権はJAいわてグループに帰属します。
個人情報保護方針
お問い合わせ