平成19年4月 久慈市立霜畑小学校
給食に地域の「おいしい」がギュッ!


霜畑小1、2年生の児童。ほうれんそう農家の子もいる

野菜、山菜、きのこ、雑穀。焼き豆腐も地域の品

 四方を北上高地の山々に囲まれた久慈市山形町は、今も山里の暮らしが息ずく地域。山を利用した短角牛の放牧や炭焼きが営まれ、春には山菜、秋はきのこが各家庭の食卓に登場する。
 「そんな地域の味を守っていきたい」と話すのは、山形地区学校給食センターの主任学校栄養職員の大村孝子さん。季節の食材を使った「旬の給食」や「行事給食」など様々なテーマを設けた献立は、子供たちに大好評。ふだんも和食を軸にした献立が多いそうだが「山形地区は三世代同居が多いから、和食や地元食も抵抗なく食べてくれるんですよ」と微笑む。


「まめぶは大好き!」2個一緒にパクリ

おかわりしようかな?僕の分も残しておいてね!

地域の食の達人もまめぶ作りに参加

小麦団子。集落や家庭により黒砂糖を入れないことも

5年前に新設された給食センター。約400食分を調理

タモギタケは夏に収穫したものを乾燥して通年使用

 この日の給食は、久慈市との合併一周年を記念した特別メニュー。山形町の伝統的な郷土料理「まめぶ」を中心に、特産のほうれんそうを使ったほうれんそうサラダ、雑穀入りご飯、そして魚のフライ、デザートはオレンジである。
 まめぶは、クルミと黒砂糖が入った小麦団子と様々な具材を煮込んだ汁物。豆粒ほどの団子には「豆々しく健康で達者に、また無事で暮らせるように」との願いが込められている。ハレ食として結婚など祝いの席には欠かせないが、近年は栄養学上やスローフードの面から見直され、山形町の家庭料理としても定着しているという。なじみ深いふるさとの味に仕上げる工夫は「地場産の食材を使うこと」と大村さん。野菜に加え雑穀やきのこ類も地域の生産者から調達している。特にタモギタケは「すごくいい出汁が出るのでまめぶには欠かせない」そうだ。大鍋のタモギダケからは実に美味しそうな香りがする。山の滋味がたっぷり溶け込んだ汁も、まめぶの楽しみだ。


でんぷんをまぶしているので汁にとろみが加わる

炊飯もセンターで行う。今日は黒豆で色付けした雑穀入りご飯

大村孝子さん。「自然のものを使い、手作りにもこだわっています」

頼もしい調理士さん達。手前左より、長内美由紀さん、栃元ウメ子さん。後ろ左より、森順子さん、芦沢京子さん、石川美由紀さん

 ほうれんそうは山形町の主要特産品。霜畑地区の鹿糠マリ子さんは、23棟のハウスで年間6種類程度のほうれんそうを栽培している。地域の気候風土に合った作物だが「連作に弱いから土づくりが大事だし、夏はできるだけ涼しい環境を作ってあげないと」と、その取り組みは女性ならではのきめ細やかさ。寒締めほうれんそうも終了した今、すでに春の準備に大忙しだ。
 全校児童31人の霜畑小学校。「みんな家族の手伝いをするいい子ばかり。親や地域を大切にする心が受け継がれています」と稲葉慶孝校長先生はうれしそうに話す。地域の食にも親しんでいる子供たちは、まめぶはもちろん「ご飯もほうれんそうも大好き!」。競うようにおかわりをして、あっという間に食缶が空っぽになった。大村さんは「学校給食は食の大切さや正しい食習慣を伝える『生きた教材』。安全な地元の食材を使い、地元の味を守っていきたい」と、日々おいしい献立作りに取り組んでいる。


「ほうれんそうは温度が高すぎてもだめ」と鹿糠さん

茎が長くしっかりしているのが美味しいほうれんそう

鹿糠マリ子さん。地域でも早い時期からほうれんそう栽培に取り組んできた
家庭でも作ってみよう!

給食献立をもとにした今回の材料と作り方(約4人分)

【まめぶ】

  • にんじん40グラム
  • ごぼう40グラム
  • ぶなしめじ20グラム
  • かんぴょう2グラム
  • さつま揚げ20グラム
  • 焼きちくわ20グラム
  • 角こんにゃく60グラム
  • ふき60グラム
  • 油揚げ8グラム
  • 干しシイタケ3.2グラム
  • 干しタモギタケ2グラム
  • 焼き豆腐100グラム
  • 料理酒2グラム
  • 薄口しょうゆ20グラム
  • 煮干し8グラム
  • だし昆布15cm位
    【小麦団子(まめぶ)…小麦粉40グラム、黒砂糖8グラム、くるみ16グラム、でんぷん適量】

【ほうれんそうサラダ】

  • はるさめ20グラム
  • ほうれんそう120グラム
  • 冷凍コーン20グラム
  • にんじん20グラム
  • かに風味かまぼこ60グラム
  • 和風ドレッシング20グラム

【作り方】

まめぶ

  1. 釜に水を入れて、だし昆布と煮干しで出し汁を作る。
  2. にんじん、ごぼうはいちょう切り、油揚げは千切り、焼き豆腐は賽の目切り、かんぴょうは1cm位の長さに切る。干しシイタケは水で戻し、干しタモギタケは釜に入れる直前に戻す。さつま揚げ、ちくわ、こんにゃくは賽の目切り、ふきはさっと軽く茹でてあく抜きをしておく。
  3. 小麦団子を作る。小麦粉に少々の塩を加えて、湯でこねて親指大位の大きさに分け、むきぐるみと黒砂糖を入れて中身がでないように丸く成形する。丸くした団子はくっつかないようにでんぷんをまぶしておくこと。
  4. 釜に1の出し汁と2の野菜などの具を入れて火にかけ、野菜に火が通ったらしょうゆと塩で味を調え、3の団子を入れて煮る。団子が浮いてきたら、再度味を調えて完成。
    ※小麦団子は冷凍保存ができます。

ほうれんそうサラダ

  1. にんじんは千切り、ほうれんそうは茹でて浸水させてから3cm位に切る。
  2. 1とその他の材料はボイルしたのち冷ましておく。
  3. 2を和風ドレッシングで和えて完成。

JA岩手県中央会 盛岡市大通1丁目2番1号 〒020-0022 TEL:019(626)8528
JAいわて掲載の記事・写真の無断転写を禁じます。全ての著作権はJAいわてグループに帰属します。
個人情報保護方針
お問い合わせ