平成18年12月 一関市立大原小学校
地元のおいしさ、野菜たっぷり給食


204人の児童が通う大原小学校。4年生の給食タイム

白菜、ニンジン、小松菜など豊富な野菜

 国道343号から砂鉄川沿いの道へ入り、大東町の大原小学校を目指す。のどかな田園風景の中、道ぞいに大小さまざまな規模の産直施設が立っている。産直が多いということは、地場の農産物が豊富に手に入るということだ。そんな町の給食はどんな献立だろう。


特産の椎茸は乾燥を使用。りんごはジョナゴールド

野菜は農業技術センターへ一元集荷・検品後、生産者が各センターへ納品する

すいとん生地を鍋に入れていく。センターでは小中学校など合わせ約500食の給食を作っているが、手作りにこだわる

 中山間地帯に位置する一関市大東町は、その地形的特徴を生かして環境保全型農業を推進してきた地。エコファーマー認定農家も多く、安心安全な農作物栽培への意識が定着している。給食センターへの地場農産物の提供は20年も前からスタートし、平成16年度には大東町産直センター、大東町有機農産物等生産組合、おいしん母おいわけ坂直売所の3つの生産者グループが「大東町地産地消ネットワーク」を結成、町内3か所の給食センターへ旬の野菜を安定供給できる体制が整った。「いつも新鮮なものを届けてもらえるし、減農薬こその安心感もあります」と話すのは、大原学校給食センター学校栄養職員の角口恵理さん。素材の味を生かした和風の食事で「子どもたちに様々な味覚体験をしてほしい」と献立を構成している。


保育園分のりんごは皮をむく

センターは大原小学校と棟続き。各学年の児童が給食を受け取りにやってくる

学校では野菜栽培やお年寄りとの交流で地域の魅力も学んでいる

 この日の献立は、きのこすいとん、さんまの煮物、小松菜と白菜のおひたし、ご飯とりんご。
 郷土食の「すいとん」には、特産品のシイタケほかダイコンやゴボウなど地場の根菜類をたっぷりと。南部小麦の生地も、手でちぎって鍋に入れていく。おひたしの小松菜や白菜もセンターで下処理を行っている。「できるだけ手をかけた給食」が、角口さんのこだわりでもある。


野菜大好き!甘辛のさんまの煮物もほらペロリ

栄養士の角口さんと一緒に食べる。給食へのリクエストもしたよ!

盛岡出身の角口恵理さん。「行事食や餅など県南の食文化も意識しています」

 地産地消ネットワーク結成の契機となった「大東町産直の会」は、当時学校栄養士だった伊東庚子さんの呼びかけに集まった12人の生産者でスタートし、手探りの中から独自の納入システムを作り上げたことで知られる。興田地区で米と野菜を作る菅原清美さんは設立時からの会員で、現在は15アールの畑で採れた野菜を出している。土づくりから日々の草取りと、手をかけ愛情をかけた野菜づくりは「子どもたちに食べてもらいたい」との思いから。大東農業技術センターの小野寺健さんはそんな生産者の取り組みを行政側から支え、今は大東町産直センターの事務局を務める伊東さんは「家庭の役割も大事」と、地産地消・食育活動の広がりを願っている。
 給食センターと廊下で繋がっている大原小学校では、この日、角口さんも一緒に給食を食べた。具沢山のすいとんも、おひたしも大好評。「野菜は好き?」の問いかけには「大好きー!」の大合唱だ。食材に込められた沢山の人の思いは、大原の子どもたちにしっかり伝わっている。


6人のベテラン調理士。手前左より、金美知子さん、菊地篤美さん、佐藤清子さん。後左より、前川キヌ子さん、鈴木きり子さん、佐々木延枝さん

地場産給食を支える人々。手前左より菅原清美さん、伊東庚子さん。後左より小野寺健さん、角口恵理さん

菅原さんの畑ではダイコンや白菜の収穫が本番間近だった

給食への野菜供給では20年間トップクラス。ベテランの菅原清美さん
家庭でも作ってみよう!

給食献立をもとにした今回の材料と作り方(約4人分)

【きのこすいとん】

  • 南部小麦粉60グラムダイコン130グラムニンジン40グラムシメジ40グラム干し椎茸4グラムゴボウ24グラム油揚げ30グラム長ネギ30グラムかつお節厚削り8グラムしょうゆ24グラム
  • 塩・酒適宜

【 小松菜と白菜のおひたし】

  • 小松菜100グラム白菜100グラムニンジン40グラム花カツオ4グラムいりごま(白)4グラム
  • 薄口しょうゆ8グラム

【作り方】きのこすいとん

  1. 南部小麦粉は水を加えて練っておく。ダイコン、ニンジン、ゴボウは皮をむいて3mmのいちょう切りにし(ゴボウは水につけてアク抜きをする)、出し汁で煮る。水で戻した椎茸は千切りにし、シメジは食べやすい大きさに分け、油揚げは幅5mmの短冊に切り、の出し汁に加えてアクを取りながら煮る。野菜類が柔らかくなったら、調味する。南部小麦粉の生地を手でちぎりながら加える。
  2. 3mmの小口切りにした長ネギを加え、火が通ったら完成。

小松菜と白菜のおひたし

  1. 野菜類を洗浄し、ニンジンは千切り、小松菜と白菜は2mm幅に切る。それぞれの野菜は茹で、冷ましておく。
  2. 花カツオと白ごまを加え、薄口しょうゆで調味したら完成。

JA岩手県中央会 盛岡市大通1丁目2番1号 〒020-0022 TEL:019(626)8528
JAいわて掲載の記事・写真の無断転写を禁じます。全ての著作権はJAいわてグループに帰属します。
個人情報保護方針
お問い合わせ