平成18年6月 花巻市立大迫小学校
雑穀給食「雑穀入りのご飯は噛めば噛むほどおいしい!」


普段から麦や玄米入りのご飯を食べている大迫小の子どもたち。雑穀ご飯も大好きだ


生産者の川村さんが持ってきたヒエやアワを興味深く見る子どもたち

 「いただきまぁす!」
 ランチルームに響く元気な声で、大迫小学校の給食タイムが始まった。
 この日のメニューはフキなどが入った豆腐汁に、主菜はアーモンド風味の鮭のカレー焼きとキャベツや水菜など春野菜の和え物、デザートは輪切りバナナ入りのフルーツポンチ。バランスのよさはもちろんだが、実は今回の給食レシピでの注目はご飯。地元産あきたこまちに同じく地元で取れたヒエ・アワ・イナキビの3種の雑穀が入ったブレンド米「権現米」が使われている。

 全国一の雑穀生産地である岩手県の中でも、近年急速に生産量が増えているのが花巻地方。今や収量・栽培面積ともに県内トップを誇るまでになっており、6年ほど前に5月9日の日付けを「ざ・5(ご)・9(く)」と読み換えた「雑穀の日」を提唱。以来、毎年この日は市内飲食店ほか38の小中学校でも、雑穀を利用した給食メニューが提供されてきた。

 「雑穀は精白米よりも栄養価が高いし、よく噛むため満腹感も得られるんですよ」。そう教えてくれたのは、花巻市教育委員会大迫事務所の栄養士で、今回の雑穀ブレンド米を使用した特別給食の献立を構成した伊藤真紀さん。ポイントは雑穀入りのご飯に魚という組み合わせに野菜を添え、おいしくて体にもやさしい和食中心のメニューにしたことという。

 鮭はカレー粉やしょうゆなどの調味液につけ込んだ後、オーブンで焼いてからアーモンド粉をふりかける。和え物の野菜は全て湯通しをして冷水にとり、水気を切って調味料をもみこむよう混ぜる。ちなみにみそ汁に使った味噌と豆腐は大迫の農産加工グループ「のぞみ工房」の製品。手作りならではの大豆の甘み、そして県産材料のみを使っている安心感から学校給食でも利用されている。

 調理師の川村邦子さんが心がけているのはあっさりとした味付け。「飽きずに食べられるし、食材の味もわかります」と話す。大迫では学校ごとに地区の農家と食材の供給契約を結んでおり、同じ料理でも食材の採れる地域により味が違うという。食材の繊細な味をいかすには、味付けも控えめがいちばん。

 ご飯に入っていた雑穀の生産者のひとり、川村孝信さんは亀が森地区で1.5ヘクタールのヒエと3反部のイナキビなどを栽培。10年ほど前、休耕田を利用した雑穀栽培に取り組む「雑穀研究会」を有志と立ち上げて以来、大迫の雑穀生産のリーダーとして普及にも努めている。「無農薬での雑穀栽培は雑草との戦いだが、克服できた時がやっぱりうれしいね」と微笑む。

 「僕たちの体の成長を支えてくれる給食を、これからも栄養を考えて食べたいです」と感想を発表したのは給食委員長の佐藤祐也君(6年)。地元のおいしい食べ物が、大迫小学校のみんなの元気のもとだ。


大迫雑穀部会支部長もつとめる川村孝信さん。きび団子作りやそば打ちも得意とか


「大迫は山菜も簡単に手に入るし、食材も豊富なところ」と栄養士の伊藤真紀さん


大迫小学校の調理師、左から藤原拓美(ひろみ)さん、川村邦子さん、菊池奈穂子さん。


一割の雑穀が配合された「権現米」


県産大豆だけを使って作られた味噌と豆腐


刻まれた和え物用の野菜もすべて県内産


衛生のため野菜は全部85度以上で加熱する


焼き上がった鮭にはアーモンド粉をふりかけて香ばしさをプラスするのがポイント


分量調整も味見をしながら加減する


盛り付けは給食当番の子供たちが担当


みんなで一緒に食べる給食は楽しい時間


栄養士の伊藤さんから献立のお話も聞いた

家庭でも作ってみよう!

給食献立をもとにした今回の材料(約4人分)

【雑穀入りご飯】

  • 精白米300グラム
  • アワ・ヒエ・キビ各12グラム

【フキのみそ汁】

  • フキ(水煮)60グラム
  • 木綿豆腐100グラム
  • にんじん32グラム
  • さやえんどう20グラム
  • 味噌32グラム
  • 削り節4グラム

【鮭のカレー焼きアスパラ添え】

  • 鮭160グラム(4切れ)
  • アーモンド(粉)12グラム
  • 調味液/酒2cc
  • カレー粉0.6グラム
  • しょうゆ4cc
  • みりん2cc
  • アスパラガス60グラム(付け合わせ)
  • 塩少々

【春野菜の和え物】

  • キャベツ160グラム
  • 水菜80グラム
  • にんじん20グラム
  • かに風味かまぼこ20グラム
  • 油1.2cc
  • しょうゆ12cc
  • 砂糖6グラム
  • ごま油0.8cc

【フルーツポンチ】

  • バナナ100グラム
  • 桃(缶詰)100グラム
  • パイン(缶詰)100グラム
    ※缶詰はミックス缶でも可

JA岩手県中央会 盛岡市大通1丁目2番1号 〒020-0022 TEL:019(626)8528
JAいわて掲載の記事・写真の無断転写を禁じます。全ての著作権はJAいわてグループに帰属します。
個人情報保護方針
お問い合わせ